平成29年元気会「忘年会」開催しました

平成29年元気会忘年会報告

12月17日(日)岡野集会所において、12時より参加者26名で恒例の元気会「忘年会」を開催しました。

 
ホワイトボードには「元気会忘年会」の看板が張られ、前の机には小さなクリスマスツリーが飾られていました。

座る位置はいつもと同様、番号くじで着席位置が決まり、ゲームをするにも抽選でこの番号が使われ、プレイヤーが決まりました。
お食事は上品なお弁当・おでん・ビール・お酒・ワイン・焼酎・ジュース・お茶・おつまみ・みかん・小さなお饅頭と豪華で食べきれないほどでした。

 
催し物はビンゴゲーム・年末年始川柳朗読・お悩み解決ゲーム・ じゃんけんゲーム・年末年始の思い出話・合唱等より面白くなるように企画されていて、大いに盛り上がり、あっという間の3時間でした。

 

平成29年度お餅つき大会

平成29年度餅つき大会報告

12月3日(日)の朝は凄く寒く、準備開始時間の7:30、集会所前に何人の人が来てくれるかなと心配しておりました。

時間になると30人からの人が集まり、机・椅子を用意する人、倉庫から竃・お釜・薪・テント等を用意する人、祭り倉庫から不足している道具を運ぶ人と3班に分かれて準備作業を行い、急いで竈の火を熾し9時からの餅つきには何とか間に合わせました。

今年は新しい臼を一つ借りることが出来、この臼でつくと何時もより早くつき上げることができました。

つき上がったお餅はお母さん方が素早くあんころ餅や納豆餅等6種類のお餅にしてくれ、多くの人が「もう直ぐお正月だネ」と感じながらご馳走になりました。

つき方の方ではボディービルをしている人や高校生グループやシェアハウスの人達と若い人が多く参加してくれて、OB組は楽でした。

また、今年は「よいしゃ、よいしゃ」の掛け声も大きく、勢いがありました。

そんな中で一人カッコ良くついていた中年男性がいたこと記したいと思います。

子供たちもつき終わる少し前、小さな杵を持ってひとつ・ふたつと数を数えながら餅つきを楽しみました。

 

お餅を食べている時になると温かな小春日和になり、緑とコミュニティーグループからのミカンや甘酒も美味しく、参加者全員で餅つきを楽しみました。


秋・冬花の植え付け報告

平成29年度秋・冬花の岡野公園花壇植え付け報告

11月25日(土)は作業をしている時、背中が熱くなるような陽気で、参加者は上着を

脱ぎ、軽装になって植え付けを行える、最高の日でした。

何時ものように公園を管理している「緑とコミュニティーグループ」の人より、

花の名前や育ち方等の説明を聞き、数人ずつに分かれて担当の花壇に花模様を

考えながら植え付けました。


 
ある子供は「こんなに土が柔らかくて植え易い」と言うと「公園を管理してくれている

おじさん達が2週間も前に落ち葉と肥料を入れて、耕してくれているんだよ」と教えた

り、また、これらの花は冬に適している種類で、寒さに強く植生もいい等、楽しい勉強会

にもなったようです。

作業が開始され20分もするとほとんどの花壇は花に埋まり、10時から始まった植え付け

は10時半に終了し、責任者の方からジュースをもらって解散しました。

平成29年 西区第五地区第48回健民祭報告

平成29年度健民祭報告

一週間前の天気予報では10月8日(日)は雨マークが出ており、開催できるか心配でし

たが、当日は風もなく素晴しい秋晴れとなり、「今年もやるぞ」を合言葉に第48回西区

第五地区健民祭に臨みました。

今年の競技場所は岡野グランドであり、7時45分から始めた準備作業も8時30分には終

了し、「今年も勝つかな?」を挨拶代わりに開会式を待ちました。

開会式では岡二の子供が優勝カップ返還と選手宣誓を行い、テント内では「今年も応援

頑張るゾ」と岡二らしい雰囲気が出来上がりつつありました。

一般競技でも岡二の人が出ると、皆で「岡二ガンバレー」と声援が飛び、運動会真っ盛りになっていました。

皆が気になるリレーの方は一般の部は予選で敗退してしまいましたが、ファミリーの部は

予選を一位で通過し、決勝では一時3位まで落ちましたが、早いお兄ちゃんが頑張って

くれて一位になり、その後は皆上手にバトンを繋いで24年から続く優勝を「6」と伸ばし

ました。

応援も「優勝を期待して・フレー・フレー岡二」、「頑張るゾ・頑張るゾ岡二」、

「連勝だ、連勝だ・岡二」、最後は「よくやった・よくやった・岡二」で終わりました。

ちょっと気になったのはお年寄りの参加者が少なくなったのではと感じられたことでした。

文責:金田会長   写真:大熊

平成29年度夏祭り報告

平成29年度 岡野神社夏祭り報告

祭り実行委員長 徳増和昌

 今年のお祭りは台風の進路を心配しながらの準備となりました。
 うろうろとする大型台風5号の動きによっては祭りを残念ですが中止しなければと。
 しかし、幸いにもお祭りの3日間は最高の天候に恵まれ、設営と宵宮の金曜は薄曇り、
土曜の子供神輿と山車も薄曇り、日曜日の大人神輿は晴れ、夏祭りと実感できる天候となり
天も味方をしてくれました。
 13時からの設営の作業には日中の暑いさなか40人以上の方のお手伝いもあり、経験者の方も多く、
神輿・山車の組み立て、神酒所の立て方・飾り付け、提灯飾り付け、テーブル・椅子の用など準備も
順調に進み、16時頃にはほぼ設営を完了することが出来ました。
 本番の練習を兼ねた宵宮の子供神輿巡幸では女の子の参加も多く、男の子と一緒に
「わっしょい・わっしょい」と大きな声を出し、元気一杯神輿を担いでいました。
 土曜日は子供神輿に山車も加わり、全体では90名の行列で町内を賑やかに巡行することが出来ました。
 今年の大人神輿は新しく出来たスポーツジムの方々も加わり、若い担ぎ手が30人以上も参加、
これが3町内合同の時の大人神輿なら、と考えるとちょっと誇らしげになれた気分でした。
 また今年も公園から神社までの間は女性陣が中心になって神輿を担ぎ、男性の力任せの
担ぎ方と異なり、リズムのあった神輿で女性陣に今年もお株を取られた思いです。
 模擬店・ゲームは子供会と昨年と同様の班の方々に担当をして頂き、神社の境内には20人以上の人が
入れ替わり立ち代わりで賑わい、早い時間に売る品物やゲームの賞品がなくなってしまうほど盛況でした。
 盆踊りは子供会のお母さんや子供たちと2回の練習を重ね、しっかりと踊れるようになりました。
元気会の方や踊りの好きな方々、男性陣も加わって、土曜の夜には30人の踊り手の輪が出来るほどでした。
最終日にあたる日曜日、片づけを20時から開始、21時30分チョット過ぎに終了し、ゴミや小道具の片付けは月曜日に完了しました。
毎年、他の町内からは岡二だけで神輿も山車も踊りも全部自前でできているのが羨ましいと言われ、私たちも本当にそうだと思います。
これからもより一層楽しい祭りを続けられるよう皆様と一緒に頑張りたいと思います。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。