子ども会七夕飾りを実施

七夕飾りの実施

子ども会では今年も七夕飾りを6月29日(土)、緑とコミュニティ―グループの協賛にて

実施ししました。

今年の子ども会役員の中に、クラフトがとても上手な方がいらっしゃって、プロ級の美しさのお飾りが出来上がりました。その役員さんのお嬢さんと一生懸命作ってくれたんだなとわかる力作でした。

集会所には願い事を託しにきたこどもたちが集まり、各々が短冊に願い事を書いていきます。小さな子どもを連れたパパは、まだ字が書けない子どもに代わって、短冊に絵を描いてあげる姿も見られました。短冊が仕上がったら笹に飾り付け。色とりどりの短冊とお飾りが、まだ寒いくらいの梅雨空にそよそよと気持ち良さそうに揺れていました。(防水加工の短冊やお飾りだから、雨に濡れても大丈夫!)。飾り付けが終わってから、子どもたちは集会所でいろんな折り紙を折って遊びました。

こどもたちの願い、天まで届け。。。

作成:子ども会 梅垣さん

子ども会ボウリング大会を実施

<6/22開催 ボーリング大会>

新入生も学校に慣れ始めてきた6月下旬、毎年恒例のボーリング大会が開催されました。

1年生から6年生まで約30名のこどもたちが学年ごとにチームを結成。

2ゲーム合計得点で学年1位とブービー賞には素敵な景品が贈呈されるとあって、

こどもたちはピンを狙ってボールを転がします。

ボーリングが初めてだという子も多く、始めは慣れない様子だったものの、すぐに

ルールや投げ方のコツをつかんで笑顔いっぱい楽しみました。

作成:子ども会 梅垣さん

19年春夏花植えを実施しました。

19年花植えの実施報告

6月29日(土)元気会主催により梅雨空の中18名の参加をいただき、岡野公園花壇の
花植えを行いました。
色とりどりで高さの違う花苗を7つの花壇にどんなデザインで植えるかを描きながら
一つ一つ植えていき、約30分ほどで完成しました。

今後岡野公園にお越しの際には18名の力作をご覧いただければと思います。

また、実施にあたり「緑とコミュニティーグループ」の職員の方々にご協力いただきました。
ありがとうございました。
今後、秋にも秋冬の花苗を実施しますので、今回参加できなかった方も是非ご参加ください。

記:元気会 大熊千寿子

岡野二丁目町内会バス旅行報告

2019年 岡野二丁目町内会
バ ス 旅 行
潮来あやめまつりと小江戸佐原散策

 お天気に恵まれ爽やかな朝を迎えました。

バスは順調に進み車窓から雄大な利根川の流れを見ているうち、潮来のあやめまつりに

到着しました。

眼下に色とりどりのあやめ 、水路にかかる橋、船をこぐ船頭さんの姿など、

まるで一つの絵のような風景で素晴らしいと思いました。

 

 

次に本物のお花嫁さんの嫁入りを見られ一層盛り上げられました、感動。

 

その後バスは佐原に移動し、 お昼前に酒蔵貯蔵を見学、ヒンヤリ感を実感しながら、

日本酒・甘酒の試飲を楽しみました。

お楽しみの昼食は「千よ福」で和食膳をいただき、皆さんの意見を伺うと好評でした。

 

 

 

バス旅行最後のお買い物タイム、道の駅「水郷さわら」では地野菜など購入しました。

今回はゆとりあるバス旅でよかったなと思いました。

記 原山美智子

平成31年春の防災訓練

岡野二丁目町内会自主防災訓練開催

平成31年3月24日(日)春の晴天の下、岡野公園において岡野二丁目自主防災訓練が、
「家族と自分の命は自分で守る」を表題として町内会員の皆様と関連の方々78名、  横浜市消防局浅間出張所陣野所長、西消防団第三分団員23名の参加協力をいただき開催されました。

訓練開始にあたり最初に金田自主防災組織本部長より挨拶、その後、訓練内容、訓練手順の説明、その後訓練を開始し、訓練の各所においては消防団の方々にお手伝いをいただき、分かり易く丁寧に器具取扱いや操作を説明していただきました。

訓練内容は平時にも役に立つ心肺蘇生訓練とAED取扱い訓練を合わせて行い、心肺蘇生訓練用人形4体を使用して、各人形に参加者3~4人の少人数で実地体験が行われ充実した訓練となりました。

また水消火器取扱い訓練、発電機取扱い訓練、場所を移してスタンドパイプ式消火器放水訓練を行い、特にスタンドパイプ式消火器取扱い訓練は実際に水を消火栓から帷子川に放水して、放水時の水の圧力を直に感じて操作してもらいました。

いざという時、自分たちであわてずにスタンドパイプ式消火器を操作して火事を消せるようにするためにも、今後も器具取扱い動作の習熟が重要だと感じた次第です。
またあいあい訪問会見守り隊の方々には見守り安否確認訓練を各戸にわたって行って頂きました。
今回も多くの町会員の皆様に参加いただきましたが、まだまだ多くの皆様に参加していただきたいところです。
今後30年以内に震度6強の起きる確率は横浜においては82%です。これからますます確率は高くなっていきます。
大きな地震が起きた際にはまず家族と自分の命を守り、その後、近隣の方々の安否を確認しお互いに助け合いましょう。その際にまず水の確保、食料の確保、そして最大の問題であるトイレの確保です。大地震が起きればたとえ建物が無事でも水はしばらくの間は出ないでしょう、また電気も止まります、そのような時水洗トイレはすぐに使えなくなります。本当に切実な問題となります。今回、訓練参加者に簡易トイレキットをお配りしましたが、これは既存の便器にセットして水がなくても使えるようなセットです。是非、皆様も非常時用に家族1週間分の水、食料、トイレキットを備蓄しておいてください。またマンションの管理組合でも災害に備えた備蓄をお願いします。
今回の訓練の最後に陣野浅間消防署所長の講評をいただき、その後防災用のヘルメットを希望者に貸与、食料配布訓練としてカップめんを配布して無事訓練は終了しました。
これからも災害に備えた様々な訓練がありますがその時は奮って参加よろしくお願いいたします。自分の命は自分で守る。

安全・防災部 徳増和昌