平成29年度お餅つき大会

平成29年度餅つき大会報告

12月3日(日)の朝は凄く寒く、準備開始時間の7:30、集会所前に何人の人が来てくれるかなと心配しておりました。

時間になると30人からの人が集まり、机・椅子を用意する人、倉庫から竃・お釜・薪・テント等を用意する人、祭り倉庫から不足している道具を運ぶ人と3班に分かれて準備作業を行い、急いで竈の火を熾し9時からの餅つきには何とか間に合わせました。

今年は新しい臼を一つ借りることが出来、この臼でつくと何時もより早くつき上げることができました。

つき上がったお餅はお母さん方が素早くあんころ餅や納豆餅等6種類のお餅にしてくれ、多くの人が「もう直ぐお正月だネ」と感じながらご馳走になりました。

つき方の方ではボディービルをしている人や高校生グループやシェアハウスの人達と若い人が多く参加してくれて、OB組は楽でした。

また、今年は「よいしゃ、よいしゃ」の掛け声も大きく、勢いがありました。

そんな中で一人カッコ良くついていた中年男性がいたこと記したいと思います。

子供たちもつき終わる少し前、小さな杵を持ってひとつ・ふたつと数を数えながら餅つきを楽しみました。

 

お餅を食べている時になると温かな小春日和になり、緑とコミュニティーグループからのミカンや甘酒も美味しく、参加者全員で餅つきを楽しみました。


コメントは停止中です。