29年度春の防災訓練報告

岡野二丁目防災訓練


岡野二丁目防災訓練が3月25日(日)平沼集会場において参加者66名、西区役所から2名の担当者を講師としてお願いし、また互助会から2名の参加者のもと開催されました。

 
今後30年以内に大地震が起きる確率が80パーセント以上といわれていますが、今回の防災訓練は防災拠点における様々な事態を想定したHUG(避難所運営ゲーム)という図上訓練を行いました。


 
岡野中学校防災拠点の運営に対して現在は関係各町内会から委員の方々により運営されておりますが、いざ大地震が起きた際には委員の方々も被災されることが予想され、
実際の運営は避難された方々が運営にたずさわって頂くようになると考えられます。
 

 
今回はそのような事態を想定して町内の皆様にもいざという時のために様々な場面が想定される防災拠点の運営をゲーム感覚で体験していただきました。
ゲーム終了後、各組ごとに感想を述べ合い、同じゲームの内容でも様々な対応の仕方があり、今後の防災拠点の運営にも生かされればと思った次第です。

安全防災部 徳増和昌

コメントは停止中です。